蜂さされ、2度目

7月16日
うかつでした・・・どうやら蜂に刺されてしまいました。しかも2度目。

1度目に刺された記事
鎌で草刈りをしていたら、草の茂みの中に蜂がいたようで、軍手の上からやられてしまいました。夢中で草を刈っていたのでまったく気がつかず、激痛が走りましたね。思いっきりつねられたような感じで。薬指の中ほどです。2日目には手全体が腫れ上がってきました。



両手だと腫れているのがわかりやすいかな、手全体が痒い・・・


2度目に刺されると命にかかわるとか前に病院で言われたけど、おかげさまで生きています(汗)・・・。3度目はいったいどうなるのか、あ〜怖。やっぱり、畑仕事って、ある意味サバイバルだーーー。
  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.11.11 Monday 00:05

雑草堆肥作りに挑戦


雑草堆肥作りに挑戦

畑仕事をするには気持ちのいい日が続いています。暑くもなく寒くもなく・・・ 夏が大変だったからほんとしみじみ思います。さて、夏にたくさんの雑草を刈ったのでどうせならそれを利用して堆肥作りに挑戦してみようと思います。

 9月20日 ニューサマーオレンジの畑で
 草刈りをする更年期おじさん。暑い中お疲 
 れ様でした。


刈った草は暫く放置しておくと枯れてきます。
 

10月27日

それを丁寧に集めると、ほら、こんなにいっぱい集まった

 
上の段と下の段、そして〜野菜畑の空き地でも、合計3か所。

 
いろいろ道具も買いました。一輪車に乗せるブラスティックの皿、これ軽いからいいよ〜アルミのスコップにフォークも便利。

11月6日


そんでもって枯草だけでは心もとないので落ち葉を探しに行きました。山が多いから落ち葉はいっぱいあるわけですが、どこでもいいという訳にも行きませんね。私有地では許可が必要ですからね、ここは白田川のずっとずっと奥、車もめったに来ないし、大量に落ちているから集めやすい。

 
葉っぱなら何でもいいかと思いきや、堆肥に適した葉っぱがあるんですね。イチョウや楠や椎の木、桜は適してないとか・・・ここには山モミジがたくさんあります。ミズキなんかもいいらしい、旧道にはたくさんあるな。普段からどこがいいか探しておくといいね。

 
これは桜、右のは?


ほんとは山モミジがたくさんほしかったんだけど・・・まだ紅葉していなかった。また12月頃来てみよう。

 

大量に落ちているからあっという間にこんなに集まりました。

 
米ぬかを混ぜると早くに熟すらしい、落ち葉と米ぬかを交互に混ぜ、水をかけながら枯草の山を積みなおします。

 
すぐ側に川があるけど上流にゴルフ場があるので、雨水を漬物樽に溜めておきました。でも、まだ少ししか溜まっていなくて、結局家の水道水をトラックで運ぶ。

11月8日


最後に、ビニールをかぶせておきます。さて〜といつ頃堆肥が出来るかな?

 
今年の5月に遊の子供たちに手伝ってもらって作った竹の堆肥場、やっと出番がやって来ました。ここにも草をこれから入れていきます。
 

 
野菜畑の堆肥場(生ごみ用)、こっちにも落ち葉を混ぜ混ぜ・・・
 
  • comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.10.23 Wednesday 19:55

由良早生終了

由良早生終了

由良早生、このあたりでは珍しい品種です。昔、息子が和歌山の研修先(みかん農家)から苗をたくさん分けてもらって植えました。

10月9日


変な話ですが、由良早生がこんなに美味しいなんて初めて知った気がする。甘くて酸味も程よくあって、ミカンの味がぎゅーっと凝縮されている感じ・・・これを食べると他の早生ミカンは食べられないくらい美味しい

 

摘果が足りなかったかな〜ちょっと小さいのが多かったけど、初めて港の朝市に出しました。へへ・・・港の朝市初デビューです。農協のブースがあって組合員なら誰でも出品できるんです。

 
、農協のブース、農協の職員さんが毎週交代でレジをやってくれています。朝市は8時からなんだけど7時半ごろから野菜などがどんどん売れていく。

10月13日


手前にあるミカンが我が家の由良早生です。12〜14日は連休ということもありお客様が多かったようで、この3日間であっという間に全て完売となりました(約52k、まだ木が小さいので収穫量が少ない)。お買い上げありがとうございます自分で作ったものが売れていくのを見るのって嬉しいもんですね。

10月22日 収穫終了

  • comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.09.15 Sunday 18:55

初めての夏


初めての夏


へっへっへ、ご無沙汰してしまいました。
は〜今年の夏は暑かったですねにわか農民を返上して初めての夏・・・畑仕事はほんとに大変でした。草刈りに追われ、引き続きミカンの間伐、剪定、摘果、猛暑の中切り出した大量の枝を燃やしたり、暑くて熱くて死ぬかと思いましたよ、ちょっと大げさですけど。夏は草刈りだけでも大変だっちゅーに。


甘夏の畑、入り口付近から撮影、少しすっきりして奥の方まで見えてきました。この間数えたら50本ぐらいあったかな、10本以上は間伐したかも。間伐したり、枝がくっついてるので一本々独立させたり、カミキリムシに結構やられているので管理しやすいように地上付近の枝もバッサリ切ります。甘夏畑の広さは約二反、やっと半分くらいは出来たかな?以前は畑の中を歩くと枝にぶつかって立って歩くのも困難だったけど、スペースが出来たのでだいぶ楽になってきた、感激

   
割と細めの枝を切っといて後で夫にチェーンソーで根元を切ってもらう。このように夫待ちの木がまだ何本もある・・・。のこぎりも何本も買い換えました。グリップがしっかりしていると手が疲れない。それにしてもすぐに切れなくなりますね。この刃は使い捨てかな。目立てをするとか、いい道具でやらないとダメね〜。


切ったら切ったで大量に枝が出る。入り口付近を広くしたのでここで燃やします。畑の中からここに運んで来るのも大変。暖炉があれば太い枝は燃料にするけど、取りあえずこれを何とかしないと奥にまだまだいっぱいあるし・・・燃えやすいように小さく切る、これも大変。便利な機械はいろいろあるんでしょうけど、取りあえずほとんど手作業です。「大草原の小さな家」稲取版です。燃やすときはかなり神経を使います風がない日、または小雨、燃やした後に雨が降る日などは最適なんですけど、なかなかグットな日はあんまりない。

 
家庭菜園の横の空き地にも大量に枝を積み上げたままだったのでここも燃やしました。民家は近いけど空き地が広いのでちょっとは気が楽ですけど、それでもやっぱり火を扱うのは心配です。


こちらは家から少し離れた畑、写真奥にニューサマーオレンジと青島みかんが植えてある、二反ぐらいかな。間伐は甘夏ほどは進んでいないけど、切り出した枝を何か月も放置してしまったので・・・

 
周りの草もすごかったけど、積み上げた枝の上まで蔓が巻き付いてしまった。なんだかお城のよう・・・このままではさすがに燃えません。


ひとつひとつ枝を引っ張り直して小さくして燃やします。燃え広がらないように周りの草も綺麗に除去しますよ。ここは2、3日かかりましたね〜。


写真奥の畑の中にはまだいっぱい枝が残っているけど、取りあえず積み上げた分は終わったー。暑くて熱くて、大変だった。


こちらは由良早生、家のすぐ裏で、この奥が甘夏の畑になる。広さは30坪くらいか、木もまだ小さいからかわいい。

 
色が付き始めました。摘果も終了、それでも3回くらいやったかな。家から近いから草の管理も割と楽、歩くところと木の根元らへんを草刈機でさっと刈ります。斜面になっているし土が流れないように草は生やしたままにしておく。


不知火(デコポン)、約一反。たぶん70〜80本くらいあります。8月7日に刈った草が敷き草になってその後の草を押えている。相当伸びていたからね〜木が隠れるくらい。まだ木が若いし(私の身長くらい)カミキリムシにやられると被害が大きい、摘果をしながら管理しやすいように根元近くの枝も切っている途中、まだ終わっていない・・・

終らん、終わらん・・・でもこれからはどんどん涼しくなりますね、作業が楽になる〜♪

  • comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.08.13 Tuesday 09:55

間伐、剪定、摘果、草の管理

間伐、剪定、摘果、草の管理

暑いですね。作業効率も思考能力もかなり落ちています・・・。
完全装備をしているので畑の中を歩いているだけで疲れますねー。間伐も引き続き行っておりますが、夫が忙しいので取りあえず枝をノコギリで切っています。この作業が想像以上に大変暑いとなおさら・・・。



甘夏の畑、まだ奥の方は手つかずのままでした。約1メートル間隔で植えてある。葉っぱが少ないね〜下から見ると特に。

8月9日撮影



8月11日 ちょっと分かりずらいけど同じ場所から撮影しました。約1本ごとに数本間伐をした。もう汗だく・・・昨日は頑張り過ぎてかなりバテました。



この辺のは甘夏を採り切っていなかったので!やばいな。もう来年の実が生っているのでどんどん落とします。ついでに枯枝を切ったり少し剪定もする。少し綺麗な甘夏はイチゴの冷蔵庫(業務用)へコンテごと入れておく。一人作業なんだけど脚立がいっぱいありますね。木が高いからね〜ここは家から近いし、いろんな脚立を持ってきました。



8月1日撮影、由良早生の畑

7月に2回ほど鎌で草刈りをしました。右手前には茄子も植えた。

 
      
これらの草はあっという間に背が高くなる。根ごと引き抜く、右のは抜いて放置するとまた根が出てくるので畑の隅に集めておく、そのうちに堆肥化するかな。

8月4日               
 
8月6日
 

家庭菜園の空き地の草とハウスの横の草を刈って由良早生の敷き草にした。摘果も一緒に行う、だいたい終わった。木がまだ私の身長より低いので楽。

8月6日
 

7月23日撮影、青島の畑

家から遠い畑はなかなか手が行き届かない・・・ここまで草が伸びると更年期おじさんに頑張ってもらうしかないのだ。

 
夫が草刈りをしている間に、巻き付いた蔓を取ったり枝の整枝をする。込み入っているところは間伐もする。手前はすっきりしたけど、まだ終わらん。草刈りはこの奥の赤ニューのところも終了。

8月7日、デコポンの畑

デコポンが見えなくなる・・・7月に1度草刈りをやったような気がするが。こうなるとまた更年期おじさんの出番。

 
ここも、夫が草を刈っている間に摘果したり枝を整理したりする。取りあえず草刈りは終る。刈った草がそうとう積もったので8月中はもう草は生えないでしょう。

草を管理するというよりは追いまくられていますが、間伐、剪定、摘果やることがいっぱいあり過ぎてどれもこれも終わらん終わらん・・・。

いい本を見つけました。剪定と摘果、草生栽培のことが書いてある。上へ伸びるエネルギーを利用して切り上げ剪定(立ち枝は切らずに残す)を行い木を元気にする。剪定講習会でも切り上げ剪定をすると言っていたな〜。著者は実際にみかん農家で最近は無農薬にも挑戦しているらしい。

 
  • comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.08.07 Wednesday 21:55

摘果講習会

摘果講習会

そろそろ摘果の時期です。
少し前に行われた農協主催の摘果講習会に行って来ました。

7月22日
 
、講習場所は伊豆農業研究センター おおまかなミカンの年間スケジュールのお話し

5月・・・花が咲く。
6〜7月・・・整理落下(木がバランスを取ろうとする)。粗摘果を始める。果実の中でたくさん細胞分裂が行われると甘くなる。
8〜9月・・・仕上げ摘果、この頃に思いきり肥大させる。8月までが勝負だが、あきらめずに9月になっても行うと次年度の実の付きが良くなる。
9月〜冬・・・栄養を蓄える時期。秋の時期から糖度が上がる。摘果をしないと糖度があがらない。
12〜5月・・・収穫

 
実地講習・・・センターの中にはたくさんの種類の柑橘がある。こちらは甘夏。中晩柑はだいたい100枚につき1果が理想的。、なんとカウンターでちゃんと数えている。

 
基本的には中から入って取っていく、摘花する果実は‘發垢柔り⊂玉4餬漸稔ぅズ果・病虫害果。出荷できない実を先に取る。、上部はかいよう病が多い。


お次はポンカン、ポンカンもだいたい100葉に1果・・・ためしに自分でも数えてみると慣れてくるかも。

 
摘果よりもちょっと驚いたのがこれ、カミキリムシ予防になんとネット(たぶん防虫ネットだろう)をぐるぐる巻きにしていた。カミキリムシはみかんの根元に穴をあけて卵を生む害虫。幼虫に樹液を吸われるとミカンの木が枯れてしまう。カミキリムシはたいがい上の方から侵入するらしい、要は隙間を開けずに肥料の袋でもなんでもかぶせればいいそうです。我家でも何本もやられているので悩んでいました。そうか、こうゆう方法もあるんだこれなら農薬を使わなくてももいいかな、展望が開けてきた。


こちらは早生ミカン、早生はだいたい25枚葉に1果残す。ブドウのようにくっついているので実を一つ一つ独立させる。小さい物から優先にキズ果などを取る。どうしても悩むときは下向きのを残して上か横を向いているのを取る。下向きの方が甘いから、でも最初から下向きだとダメらしい。ミカンの実は小さい時は太陽に当たり大きくなるにつれだんだん下に向くのが甘いそうだ。なので上向きだからダメとは限らないし・・・う〜ん難しいな、結局はセンスと経験?
  • comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.08.03 Saturday 10:15

アシナガバチに刺されてしまいました・・・

アシナガバチに刺されてしまいました・・・

夏の畑にはいろいろな危険が潜んでいます。
やっぱり一番多いのが虫ですね蚊、アブ、ブヨ、蜂、蛇、エトセトラ・・・。完全防備は毎度のことですが(夏はそれだけでも暑い)、夏用のグッズが少し増えました。


蚊に刺されやすい体質なのか、ほんのちょっとでも肌がでていると途端に刺されまくります。顔などにも大量に集まってくるので防虫ネットは欠かせません。

 
持っている帽子にかぶせるだけで便利、日よけにもなる。蚊取り線香はアブや蜂には効かないだろうけどやらないよりはいいかな。


万が一を考えてこんなのを買ってみました。ポイズンリムーバー・・・スポイトのようなものです。

 
これを使って毒を吸い取る、初期の処置が大切かと・・・

しかし、こんなに早くに使うとは思ってもいなかった買って数日してアシナガバチに刺されてしまった・・・しかも家の中で、う〜。


 
物干しの上のアシナガバチの巣。いたずらをしなければおとなしいのでそのままにしておいたのがまずかった。取り込んだ洗濯物に付いてきてしまったようです。

8月2日撮影


お見苦しい足を失礼します。刺されてから3日ほど経過しました。刺された直後は強烈な痛みで皮膚が少しえぐれていました。写真のスポイトですぐに毒を吸い取ったのが効果があったかどうか、ほとんど腫れませんでした。でも痒みがひどい。アンモニアをつけるといいと聞いたのですが迷信だそうです。医者が言うにはすぐに43度以上のお湯を15分くらいかけ続けるとか・・・毒はタンパク質だからお湯をかけると卵の白身のように固まるんだって、う〜ん、アンモニアを付けてしまった。

 
 
甘夏の木の根元にも別のアシナガバチがいつの間にか巣をつくっていました。アップの写真を見ると、う〜怖い!2度目に刺されると命が危ういので可哀そうだけど撤去を敢行しました。もちろん更年期おじさんにやってもらいましたよ。

 
網で捕獲しようとしたけど失敗、かえって危ない!このスプレーだけですごい威力があった。

生き物は大切にしたいけど、蛇も怖いね〜もう2回畑で遭遇しました。

6月18日撮影

  • comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.08.01 Thursday 09:55

草の管理

草の管理

ちょっとご無沙汰してしまいました・・・。
にわか農民返上ですから、暑〜い夏でも畑仕事をがんばっております。でも、夏はやっぱり大変ですね〜毎日クタクタです。

私が管理し始めた畑には今年は除草剤を一切使っていません。なので、草がどんどん生えてくるわけで、7月後半からの草の勢いはもう〜すさまじいですね

出来るだけ自然に近い環境にしたいと思っていますが、放任するとミカンの木はあっという間に草や蔓に覆われてしまいます。草を制するには草をよく知ること・・・観察しながらいろいろ試しています。

 
ちょっと失礼・・・こちらは放任されたままの近所の空き地。何日か見ないうちにあっという間にジャングルになってしまいました。

 
垣根には蔓植物が巻き付いている。放おっておくと木がダメになる。


こっちは家庭菜園がある我が家の空き地。

 
良く見かける草ですね。オヒシバかメヒシバという草のようです。

 
汗だくになりながら丁寧に鎌で刈ってみました。このように刈れば敷き草になりそうです。ミカンの畑にも敷いてみようかと思います。細野高原まで行ってススキを持ってくるよりもずっと手軽にできそうです。

  • comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.07.10 Wednesday 15:55

間伐

間伐

日本におけるミカンの歴史って古いようですが、栽培方法や剪定はいろいろと変わってきているみたいです。昔は、たくさん収穫できるように開心自然形といって枝を横に横にと広げて大きくするのが主流だったのかな。

我が家のミカンの木もそういう意図があったかどうかわからないけど、根元で広がっている木が多いです。長年の剪定不足によってそれらが今は大木になり過密植の影響で日照不足になっています。そうするとどんどん作業効率が悪い畑になっていきますね。枝にぶつかって畑の中を歩くのも大変、木が一本一本独立していないので剪定するにも全体の感じがつかめないんですね。

先日の剪定講習会でもまずは間伐と縮伐を行って木を独立させてから剪定するようにと言っていました。5月頃から少しずつ間伐を開始しています。間伐するにはやっぱりチェーンソーですね。のこぎりでやってみたけどとても歯が立ちません。チェーンソーも使おうとしたけどエンジンがかからないし・・・また更年期おじさんの出番です。忙しいから少しずつですけどね、チェーンソーの威力ってすごい。

6月25日、ニューサマーの畑
 
チェーンソーがないと間伐は進まない。夫が空いている貴重な時間にやってもらう。

 
チェーンソーを使うのは結構大変、しっかり休憩を取る。、これは小さいやつなので、ためしに私も使おうとしたけど、全然エンジンがかからんやっぱ私には無理ね、怖いし。

 
切った枝は畑の外に出して、一か所に集めておく。これは私の仕事。後日、積み上げた木を燃やすのは夫の役目。これがなかなか燃えないのよね〜。「にわか農民」だったもんで何をやるにも時間がかかります・・・。


少しすっきりしたかな?日光が入って、新しい芽に期待するしかないな。一番悩むのはどれを切るか、元気な木を優先に残したいのだけれど、作業効率を考えるとそうもいかないし、過密植になっていたので木の中間層にはほとんど葉っぱがない、なんだかアンバランスになっている。間伐ってそうとうなエネルギー使いますねなかなか一気には切れない。奥に畑が続いているのでここはまだまだ序の口。

いやー暑いっすね畑仕事をするには過酷な季節がやって来ました。間伐はかなりな体力を使います。暑い日中は避け早朝6頃から開始。

甘夏の畑

畑には除草剤は使いません。草も極力残します。草刈り機が使えるようになったので、ついつい刈り過ぎる・・・歩くところだけ草を刈ってみた。

7月9日

軽トラが入るように間伐をした。そのほうがこれからも作業がしやすいと思ってね。しかし・・・入ったとたんバックできなくなってしまった。ハハハ・・・四駆でないと無理なんだって、息子にえらい怒られてしまった。息子の車で引っ張ってもらって脱出できたけどちゃんと車道を作らないとダメらしい。あ〜あ。

7月10日
 
伐採もだんだんと慣れてきました。私がのこぎりで枝を払って、太い幹を夫に切ってもらいます。、灯台下暗し・・・倉庫にデカいチェーンソーがありました。こっちの方がずっと早い。

 
チェーンソーが大きいから振動がすごいらしい。夫曰く「心臓病になりそう」・・・長時間の使用は避けたいですね。熱中症と心臓病に要注意、それから怪我も。


隣接する木を切ったので樹形が見えてきた。これなら剪定できるかも。まだまだ当分間伐は続きます。
  • comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

2013.07.05 Friday 10:00

奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴ

「奇跡のリンゴ」観に行って来ました。
昔、かなり前、木村秋則さんの本を読み衝撃を受けたのですが、最近読み返そうと思って家の中を探したけれど見つからず・・・そういう時ってありますよね。
本の内容を思い出しながら、改めて無農薬栽培について考えさせられました。
    
  

農業で生計をたてている場合、無農薬を実行するのはほんと大変な事だと思います。自然の力はまだまだ解明されていないことがたくさんありますね。新しい農薬は次々出てきているようですが、無農薬栽培についても科学的な研究がもっとされることを願うばかりです。

あらすじ 
1975年、秋則(阿部サダヲ)は青森県弘前市で妻の美栄子(菅野美穂)と共にリンゴを栽培していた。彼は、年に十数回にわたり散布する農薬が原因で皮膚に異常をきたしてしまい、寝込むこともある妻の体を心配して無農薬でリンゴを育てることを心に誓う。だが、農薬を使わないリンゴ栽培はその当時「神の領域」ともいわれ、実現するのは絶対無理だと思われており・・・。

映画の中の美栄子夫人の「笑顔を忘れたらいけんよ」という言葉がいつまでも心に残りました。

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.