稲取スコリア丘(東伊豆町)

海底火山が爆発を繰り返しながら隆起し、本州とつながり伊豆半島になったのがおよそ60万年前。陸地となった伊豆半島のあちこちで噴火が起き、60〜20万年前頃に箱根や天城の山々ができました。その後に噴火したのが東部火山群と呼ばれ、伊豆におよそ60あまり分布し、稲取にもそのひとつ稲取火山があります。火山と言っても大きな山はありませんが、伊豆アニマルキングダムへ向かう道路の途中に火口があり、そのまわりの台地は火口から噴火したスコリア(火山噴出物の一種)が降り積もってできた丘になっています。森があり、宅地をされ道路ができその姿はほとんどわかりませんが、アニマルキングダムと旧道白田へ向かう分かれ道のところの崖では成層したスコリア丘の断面を見ることができます。


標識も何もなし、雨ざらしになっています。町の保護を期待したい!!

  
1万9000年前に噴火した火山弾!、火口から吹き上がった溶岩が空中を回転して、まるでクロワッサンのような形になった。

 

たまたまここだけが露出しているけど、大地の下には1万9000年前のものがまだまだたくさん埋まっているかと思うとなんだかぞくぞくするね♪

  • comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
2011/12/13 12:56 PM, reiko wrote:
伊豆新聞でも「ジオ・パーク」と題して
地形の面白い楽しみ方?!など記載して有りますが
此処の地域の身近な場所でも
有るんですね〜
貴重な地層の保護も大切ですね
何十万年も駆けて 出来上がった大切な物ですね
2011/12/13 4:19 PM, オレンジクッキー wrote:
reiko様、はじめまして
コメントありがとうございます。

伊豆にはたくさんの景勝地があり、それぞれが火山の噴火や地殻変動などによってもたらされたようです。
人間が生まれる前の大地の歴史・・・そんな観点から伊豆を眺めてみるのもダイナミックで面白いですね。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/175
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.