稲取の夏祭りが始まります

 

13日から5日間、稲取の地の祭りが始まります。

息子は、まだ若衆の年齢なので数日前から練習で忙しくしています。

熱川の大文字や稲取のどんつく祭りなどの観光祭りとは違った賑やかさがあります。

神輿はもちろんの事、ねり、馬鹿ばやし、お面さんなどが町中に繰り出します。子供達が演じる三番叟も行われます。

実は私、お恥ずかしい事に、東伊豆町に嫁に来てウン十年にもなるというのに、三番叟まだ見たことがありません。

なんと言う事だ!! 今年は見に行こうと思います。

 

とりあえず、お知らせです。

馬鹿ばやし

13日〜15日の間、稲取の浜の方の地区や町中で、毎日10ヶ所ぐらいで演じられます。

子ども三番叟(奉納舞)

第1回、14日10時15分より八幡神社にて

第2回、14日11時30分より東区御仮屋横にて

第3回、15日10時より東区御仮屋横にて

第4回、16日9時より水下公民館にて(奉納舞後「祝い餅まき」もあります)

 

馬鹿ばやし、無言踊りとも言われているそうです。

中国の「上海万博」に静岡県の代表で行きました。

 

三番叟、江戸時代から伝わっている子供三番叟です。町の無形文化財になっています。


お面さん 

お面さんが持っているのは御神体(男性のシンボル)。お面さんはこの御神体を持って、「うぉー!」と叫んで町中を歩き回ります(最近は、お面さんはトラックの荷台に乗ってやってくる)。

これで叩いてもらうと“子孫繁栄・夫婦和合・無病息災”の厄除けになるそうです。子どもはたいてい泣き出してしまいます。小さい時にこれを経験すると、いい大人になっても周りの目を気にせず非常に怖がります。聞いた話によると、昔は土足で家の中に上がり込んだりしたので、家中の鍵をかけて押入れに隠れて、震えていたとか・・・。

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/22
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.