稲取雛のつるし飾り会場・むかい庵

東伊豆町稲取では1月20日から雛のつるし飾りまつりが始まっています。

江戸時代の頃より伝わってきた稲取のつるし飾り、一つ一つの飾りに娘の成長を願う母親の思いが込められています。多くの方にご覧いただきたいという思いからイベントが始まり、それが雛のつるし飾りまつりとなりました。
昔、これらのつるし飾りは娘が無事成長すると大願成就のお礼を込め、ほとんどが正月のどんど焼きに納められました(燃やす)。そのため古いつるし飾りは大変数が少なく貴重なものとなっています。平成になってから地元の多くの人の協力によって、昔からの伝承を守り受け継いだつるし飾りがたくさん作られるようになり、それぞれの会場に飾られています。
作られた時代や作り手によっても微妙に人形の表情が違っています。それを発見するのもまた楽しいですよ。
今日はメイン会場の一つにもなっているむかい庵を訪れました。

 稲取駅前通りを海の方へと下っていき
 ます。

 新しい案内板、数か所あり。
 信号を曲がって海へ向かいます(役場
 とは反対方向)。
 途中、天草の館(物産展)あり。


  
かわいらしい三人姉妹(這い子人形)がお出迎え、いらっしゃいませ〜♪
ひとつひとつのつるし飾りには昔から伝わる謂れがあります。這い子人形・・・這えば立て、立てば歩めの親ごころ。



 
 
男の子の節句                奥のつるし飾りは大正のもの

 
、おしくらまんじゅう?、おんぶ? いろいろなさるがいます。
 
たかいたか〜い♪ さる・・・厄がさる。猿ッ子の伝承は全国各地にあります。

 
・・・成長と青春の生命力。布団・・・寝る子は育つ
まだまだ、いろんな飾りがあります。あなたも探してみて♪

むかい庵
約70対展示(およそ7,700個)
入館料200円
開館時間9:00〜17:00
開館期間1月20日〜3月31日

湯めぐり雛めぐりバス(シャトルバス)のご案内
雛のつるし飾りまつり期間中の2月5日〜3月10日の土、日、月、祝日は雛の会場を巡るシャトルバスが走ります。町内の各地域からも会場へご案内しています。料金は無料ですが伝統芸能保護、保存募金の協力お願いしま〜す♪ 

 
(クリックして拡大して見てね)

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/222
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.