伊豆大島観光つづき1

東京都大島町は面積およそ91平方km、周囲52km、人口およそ8000人。島の周囲を車で走ると1時間ほどだそうですが、中央には活火山の三原山、島中に咲き誇るやぶ椿、3月から4月には島全体が真っ白になるほどの大島桜が咲き、明治にはたくさんの文人墨家が訪れ、その昔には島流しにされた源為朝伝説が今も残っています。火山噴火によるダイナミックな地形、海の中に流れ込んで複雑な形になった溶岩にはたくさんの魚が住み、ダイバーの人気にもなっていますね。そんな大島、数え上げたらきりがないほどいろいろ見るところがありそうです。

地元の議員、橋本さんのご厚意に甘え観光名所を車で案内してもらいました。なんせ地元の方ですから、勝手知ったるわが島、効率よくいろいろなところを見ることができました。駆け足で回りましたので簡単なご紹介になってしまいますが、良かったらお付き合いください♪
さて、大島町役場を後にし、まずは火山博物館へ向かいました。

 

1986年11月21日の三原山の大噴火は記憶に新しい方が多いと思いますが、我が家では次男が生まれたばかりで(9月30日生)よく覚えています。写真のような火柱が地響きとともにまるでこちらに迫ってくるかのように伊豆半島から大きく見えました。私などは、大島が沈んでしまうのではないかと思ったくらいです。マジで!スペクタル映画の見過ぎですって!!



伊豆大島火山博物館
東京都大島町元町神田屋敷617番
電話 04992-2-4103
入館9:00〜16:30
年中無休(機器等の保守点検のための臨時休館日有)

世界にも数少ない火山専門の博物館。1階展示室では三原山の噴火の記録を映像とともにリアルタイムに見ることができ、改めて当時のすごさを感じることができます。2階には世界の火山を学ぶことができ、映像ホールで上映される映画は必見です。島の人たちが昔から三原山を恐れながらも御神火様(ごじんかさま)と敬いたくましく生きてきたこと、風光明媚な島や祭りの様子も知ることができます。上映時間は11時・14時・16時。
なお館内の展示室は写真撮影禁止となっております。

映画館のような大スクリーンを見て、う〜んと唸ったあとは、朝からの移動で、ご一行様お腹がすきました。時間も11時半だし

 
郷土料理が食べられる寿し光。映画でゴジラは三原山の噴火口から復活!大島はゴジラの故郷でもあるわけですね。ギャオー!!

 
地元でとれた新鮮な魚が食べられるお店。お寿司屋さんですが他のメニューもあります。部屋もたくさんあり。

 
伊豆諸島特産の青唐辛子入り醤油につけたべっこう(白身魚の漬け)や、大島でたくさんとれるさびという魚の刺身、大島と言えば明日葉の天ぷら。おいしかったです。地元の橋本さんは大島名物べっこう丼、美味しいものを知っている。

寿し光
東京都大島町元町1-4-7
電話 04992-2-0888
営業時間11〜14時、17〜23時
年中無休

続く〜

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/236
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.