伊豆大島観光つづき5

大島観光2日目の最終章です。
天気は相変わらず、雲に阻まれ伊豆半島も三原山も見えませんが、大島公園の椿をたっぷり観賞した後は三原山へ車を走らせます。地元の橋本さんの運転ですからいろいろなところへ迷うことなく効率よく回ることができました。途中、国の特別天然記念物、大島桜の巨木「大島のサクラ株」に寄ります。

  

サクラ株は、地元では「サクラッカブ」と呼ばれ親しまれていますが、我が国に生息する大島桜の中では、最も古い樹齢800年と言われ1952年国の天然記念物に指定されています。その昔は房総方面から来航する船が目印にしたといわれるほど巨木でした。いつしか幹から分岐した太枝が倒れ、是が根付いて3本の古株となって生息しています。特異な成り立ちと樹形をしていますが、伊豆半島の豊かな自然と温暖で湿潤な気候、そしてこの桜の強い生命力がなしえた、稀有な姿といえます。                     (左上の写真の看板より)

 
樹齢800年、倒れてもまた立ち上がる、すごい生命力ですね。大島桜はソメイヨシノや河津桜、その他多くの園芸品種のもとになっています。うなずけます!大島にはおよそ180万本もの大島桜があります。椿が終わらないうちに咲き始め4月には島中が大島桜におおわれます。

さあ三原山へと進みますが、天候は一向に回復せず大島はますます厚い雲に覆われてしまいました。

 
新火口展望台、ムム・・・見えません。三原峠見晴台、ここからは晴れていれば伊豆半島や富士山が一望できるはず・・・。

 
三原山頂口到着、車で来れるのはここまで。どこもかしこも真っ白でござんす。

 三原山展望所からは天気が良ければこ
 のように見えます。実物が見えないので
 この案内板でご勘弁くださいませ。クリ
 ックして拡大を♪

三原山の頂上から天城を眺めてみたかった!!う〜ん今回は登るのはあきらめるとしましょう・・・。御神火様ー!また来いってこってすかー!!
ここから山頂までは約1時間、お鉢めぐりはさらに1時間、ということは往復およそ3時間。伊東へ帰る復路のフェリーは今の時期ですと14:15分。ご参考までに。

山頂口の茶屋では椿展(椿まつりの間)、その近くの山頂避難休憩舎では土日と椿まつりの期間中ジオパーク展が行われています。


三原山は拝めなかったけどこの美しい椿をどうぞクリックしてご鑑賞ください。

 

それでは帰路に着くとします。フェリーに乗る前に昼食です。

 

四季の味まんたて
東京都大島町元町字野地631-1
電話 04992-2-0007
営業時間 11時〜13時、17時半〜20時半
定休日 火曜

なかなかいい雰囲気のお店♪ メニューも豊富にあり、D級コロッケのボリュームがあって650円には驚き!椿の天ぷら初めて食べました。ウツボの天ぷらもあるよ。

 
野田浜にちょっと寄り道・・・あきらめが悪い更年期おばさん、伊豆半島を撮る。ん〜見えるかな?お暇な方はクリックして拡大を♪
近くには源為朝古戦場あり、右写真の山の上。

 来た時と同じ高速ジェット船セブンアイ
 ランドに乗って帰ります。時速80k、ほ
 とんど揺れません。
 
 東海汽船


橋本さんです。2日間付きっ切りで案内をしてくださいました。まったくのプライベートな私たちの観光にお付き合いいただきありがとうございます。騒がしくて、さぞやお疲れになったことでしょう、本当にお世話になりました。
橋本さんは大島の町会議員、観光ガイドさんではありません。そのため大島の表のいいところだけではなく、大変な事や困っていることなどの裏の部分のお話も聞くことができました。その部分のお話はまたいつか・・・。

一泊の旅行でしたが、思い出したり調べたりしながらブログを書いたので一週間ぐらい行っていたような感じがします。ちょっと得した気分♪ 更年期おばさんの10倍楽しめる旅行〜ブログに書くべし、なんちゃって。ボケ防止にもいいかも。 
そして大島にすっかり魅せられました。これからは大島を見るたびに素晴らしい椿や大島の歴史、いろいろなことが甦ってくることでしょう。大島にはまだまだ面白いものがあります。いつかきっと近いうちにまた行きたいと思います♪ 一緒に旅行した皆様もお疲れ様でした〜♪

次回は伊豆大島のお土産特集です♪ 続く〜

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/240
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.