熱川バナナワニ園、その2

熱川バナナワニ園、その名の通りバナナもおいしいしワニも世界に誇れますが、それだけではありません。本園と分園に分かれている14棟もの温室に熱帯植物がおよそ9000種!珍しい植物や学術的に貴重な植物も保有している世界でも有数な植物園なのです。

今回東伊豆町トラベルヘルパーさんの「地元を知りつくそう」の企画に参加しました。前回の記事その1の続きです。

さて、園のバスに乗せてもらい分園から本園へ戻り、今度は本園の植物園を案内してもらいました。

 

本園1号の花木温室の中央には見事なブーゲンビレアが咲いていました。



 
ハイビスカスも競うように華やかに咲いています。世界中から集められた品種を鑑賞できます。ハワイアン・ハイビスカスの系統は花が大きく美しい・・・。


アマゾンの人魚、アマゾンマナティー、日本で唯一ここでしか会えません。
おとなしくてかわいらしいマナティーくん、主食は水草のホテイアオイなのですが、レタスや人参、白菜が大好き、来年で50歳だとか、最近硬い人参は苦手みたいです。

さあ、いよいよ今回のメインの花に近づいていきます。一気に飛ばしますが本園6号観葉植物温室にお目当ての花が・・・。


咲いていました!ジェードバイン。和名ヒスイカズラ、1975年、ワニ園が日本で最初に開花に成功し、ワニ園から日本全国の植物園に配布しました。この季節には日本中の植物園で風物詩になっているそうです。う〜ん、そうだったんですか。初めて見ました。神秘的な色です〜。

お次は第7号熱帯スイレン温室。いや〜〜〜ここも綺麗!!

 
 
この温室では水温を常に27〜28度に保ち、毎日100トンの新鮮な地下水を補給してるんですって!一年中花を絶やさずに世界の銘花を栽培管理している・・・すごい。

大本命!オウムカズラ別名レッドジェードも咲いていました!第8号原種ラン、オオオニバス温室にて

このイベントのために園のスタッフをハラハラさせていたオウムカズラ!咲いていました!目の覚めるようなオレンジ色!この様子では連休中も見ることができるかなー。

オオオニバスのプールの周りにはオウムカズラの他にもさまざまな熱帯植物が観察できます。中でも一段と目を惹くのは原種ランのコレクションです。華やかな園芸品種にはない清楚で可憐な野生のランが所狭しとびっしりと並んでいます。溜息〜〜そして、なんと!うっとり見惚れて野生ランの写真を撮るのを忘れてしまったようです。ぐう〜っ!!
まあ、楽しみは追々ということで・・・今回はこれにて♪

この後、昼食のげんなり寿司のお弁当を食べ、熱川観光協会で珈琲と温泉卵をご馳走になりました。東伊豆トラベルヘルパーの皆さんありがとうございました。
そして熱川バナナワニ園の清水さん木田さんお世話になりました。熱川バナナワニ園は見るものがたくさん!また随時おじゃまをしてブログにて紹介をさせてもらいたいと思います♪

熱川バナナワニ園のHPはこちら 
園の公式ブログはこちら
東伊豆町トラベルヘルパーのHPはこちら

トラベルヘルパーでは今後、健常者も障害を持っておられる方も、皆さん楽しめるような様々なトラベルを企画していきます。どうか皆さん東伊豆町トラベルヘルパーをよろしく〜♪

 本園入り口にて
 バナナのソフトクリーム、美味いよ!
 え〜と、ワニはどうしたのかって?
 ワニも次回ね♪

 
バナナワニ園その1の記事はこちら

 
熱川観光協会の記事はこちら






  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/282
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.