県庁へ

実は、静岡県庁へ行って来ました。何のために行ってきたかと言うと、農業振興のために知事が毎年優れた農業者などに認定証書を授与します。その認定式に参加して来ました。県によっていろいろあるようですが、静岡県では農業経営士、青年農業士、指導漁業士、指導林家、青年林業士、農山漁村ときめき女性などです。私も認定証書をいただいてしまいました。
静岡県の世帯数は毎年増え続けているのに対し農家数は激減しています。過去30年で、農家数は半分、農業就業人口は3分の1に、耕地面積は7割り、産出額は3分の2に・・・。農家の高齢化も深刻です。2010年の60歳以上の高齢者の割合は74%にもなるそうです。とても深刻・・・。
産業としての農業を維持するためには、農業経営をきちんと立て直し、農業の担い手も育てなければなりません。認定されることによってそれぞれの分野での誇りが喚起され意欲的な活動へとつながる・・・ということですね。各分野での勉強会や様々な取組への支援などもあるようです。

えっ、「にわか農民」の私はどの分野かって?農山漁村ときめき女性・・・このネーミングだけでも抵抗があるのに、優れた技術や感性を持ち、指導的役割を果たしている人・・・う〜まったくもって人違い。まあ〜まわりの農家の人は皆忙しいので、中途半端な私にお声がかかったのであります。せっかくだから少しでも勉強をし、「ときめき」での活動を時々ブログで紹介していきたいと思います。

 
熱海で新幹線に乗り換えです。同じ静岡と言っても伊豆からは遠いよー、朝6時頃家を出てきました。交通費は往復約1万円!自腹です、ほとんど収入のない私にはかなり痛い出費。、静岡駅に着きました。一人で、しかも電車で来るのは初めてかも、県庁を目指します・・・

 
県庁なんて大きい建物だろうからすぐわかると思いきや、駅の周りは高いビルばかりで見当たらない、そりゃそうだハハハ・・・、近くのビルの警備員さんに教えてもらいました。う〜ん、あれね。、こ、これは「お掘り」のようですね。


とにかく近くへ行ってみましょう。

 
駿府町・・・そうか、駿府城があった場所なんだどこから入るのかわからないけど近くの橋を渡ります。


掘りと言い、立派な石垣です。修復はされているのでしょうけど、これらの石垣はほとんど当時のままだと思われます。

徳川家康は将軍職を秀忠に譲り、駿府に移り住みました。慶長12(1607)年,家康は、輪郭式で石垣を廻らせた三重の堀を持ち、本丸の北西には5層7階の勇壮な天守を配置した城を全国の大名に命じて(天下普請)築城させました。
家康在城時の駿府の町は、江戸と共にいわば2元政治が行われていたため、政治、経済の中心地として大いに繁栄していました。家康の死後、城主となった忠長が改易されると駿府城は城代の管理となります。寛永12(1635)年の火災により天守等の殆どの建物が焼失し、櫓、門等の建物は再建されますが天守は再建されませんでした。以後江戸時代の駿府城は、建物の規模も次第に縮小していくこととなります。
明治時代になると、歩兵34連隊の誘致に伴い本丸堀は埋められ、三ノ丸は官庁や学校などの公共用地となりました。戦後、本丸、二ノ丸部分は駿府公園として整備され,巽櫓、東御門の復元もされ一般に公開されています。 (静岡市のHPより

駿府城跡は現在駿府城公園となり、復元された巽櫓(たつみやぐら)の中には、駿府城の絵図や復元資料、駿府城関連の出土品などが展示されているらしい・・・とても興味があるけど見に行く時間がありません。

 
中央にある本館、古い建物ですね。、静岡懸廳、静岡懸議會・・・ここで県議会が行われるのですね。

 
会場は西館4階、9時10分から受付、認定式は10時半からなのですがリハーサルがあるため早めに会場に入らなければなりません。



リハーサルの後、認定式が始まり川勝知事の挨拶がありました。

静岡県は農産物の生産品種が多く、野菜、果樹、花、水稲など4品目の合計では全国第1位。日照時間が長く水も美味しい、多品種、高品種が健康の元、県産地消で健康寿命日本一に・・・そして自然の恵みを生かし健康で美しいし静岡を目指しましょう〜。皆さんは第1次産業の名人、次世代を担う若い人の指導、女性の励ましなどを期待をします・・・


式の間、写真は撮れませんでしたが、最後の記念撮影にはしっかり撮りました

 
 
認定証書を授与された方々です。頑張ってください・・・って、私もか

 
認定式の終了後は昼食を食べながらの交流会と合同研修会などがあり、静岡県の農業の現状とこれからの取り組みとして、農業のビジネス経営、耕作放棄地の解消、就農希望者への支援など事例を紹介しながら説明があり、今日の予定は終了。

さて、また時間がかかるのでどこにも寄り道をせず帰宅です。駿府城公園は気になりますがまたの機会にでも寄ってみたいと思います。
来るときは一人で少々不安でしたが、帰りは「ときめき女性世話人」の方と他地区の「ときめき女性」と早速知り合いになり道中いろいろな話を聞くことが出来ました。
あ〜この日はなにかと勉強になった一日でした。

県のサイトはこちら ふじのくに農山漁村ときめき女性ポータルサイト

  • comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
2013/01/24 9:04 PM, コリン wrote:
忙しい中、お疲れ様でした。
これからも時間があったらいろいろなところに出て見て下さい。
よろしくお願いします。
2013/01/24 11:04 PM, inada wrote:
“ときめき女性”認定証授与された由、おめでとうございます。
益々のご活躍を祈ります。
「ふじのくに農山漁村ときめき女性ポータルサイト」にもいずれご登場なさることと思います。期待しています。
2013/01/25 2:22 PM, オレンジクッキー wrote:
コリンさんへ

認定式の前日にときめきポータルサイトを発見しまして、やっぱりみなさん本業をしっかりやっていますねー。
ちょっとした興味心で受けてしまいましたが、少しでも成長できるように勉強したいと思います。
ご指導よろしくお願いします。
2013/01/25 2:24 PM, オレンジクッキー wrote:
inadaさんへ

いえいえ、おめでたい事ではないのですが、微力ながら少しでも地域に貢献できたらいいなと思っています。
これからも一緒に頑張っていきましょう〜。
ご指導よろしくお願いします。
2013/01/29 9:08 AM, rumi wrote:
すっかりご無沙汰してしまっています!素晴らしいご活躍ですね!!是非色々教えてください!!
2013/01/29 4:33 PM, オレンジクッキー wrote:
お久しぶりです、rumiさん♪

あちこち顔を出しているうちにこのようになりまして・・・周りからとても刺激を受けています。
これからは農業の視点からも地域を考え、いろいろな方の取り組みをご紹介し、私も積極的に活動していこうと思います。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/492
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.