サイトマップ 

 

あけましておめでとうございます。

年末からもう一人の孫が遊びに来ていて河津大噴湯公園へ遊びに行きました。

 

昔々、河津町峰の辺りは温泉が湧き出ていて奈良時代多くの名僧や武士達が湯治に訪れたそうです。菖蒲やカキヅバタの花も美しく咲き乱れ「花田の湯」と呼ばれていました。その後温泉は廃れてしまいますが、大正11年稲葉時三郎という篤志家が苦労して再び温泉を掘り当てたところ、物凄い爆音とともに火山噴火のような温泉が吹き上がり、2009年大噴湯公園として生まれ変わりました。現在は全国的にも有名な河津桜が町中に溢れ、まさしく時三郎が願っていた“花といで湯の郷”として皆様に親しまれています。

 

大正15年から約90年、ひとときも絶えることなく吹き上げ続けています。 毎分600リットル100度の温泉が高さ30mまで 噴き上がる自噴水。入園無料、9時〜16時、約1時毎に1分噴き上げます。

 

峰温泉大噴湯公園 静岡県賀茂郡河津町峰446−1

 

入り口をくぐると、広場があり、ホットベンチ、足湯もあります。

 

 

孫のすーちゃん(愛称)もうすぐ3歳、横向きで失礼♪

 

さて、じーじと一緒に大噴湯で茹で卵を作りましょう。

 

 

卵が割れないように慎重にね、とことこ・・・頑張るすーちゃん。

 

100度もありますから、小さい子は必ず大人が付き添ってね。

 

 

園内には河津の特産品売り場もあります。

 

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/628
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.