2018.03.18 Sunday 06:17

久しぶりの畑作業

NEW ENTRY

サイトマップ

 

三寒四温とは言うけれど、気温の差が激しすぎて体がついていけない・・・まだストーブはしまえませんね♪

でもやっぱり春です!畑に行くと野菜が巨大化して花が咲いていた!ありゃ〜(汗)今年も忙しくて畑作業がすっかり出遅れてしまいました。昨日、やっと!じゃが芋を植える事が出来ましたよ。遅くなったけど、一つ一つ仕事が終わると充実感があるな〜。

自分で好きなように耕せる畑(土)があるっていうのは幸せなことです。家の側だし、感謝、感謝。

 

約300坪近くある、久しぶりの畑作業だな〜 3月15日

 

冬の間、小さかった”かつお菜”いつの間にか大きくなっていた。

 

ネギ!肥料はまったくあげていません。

 

ブロッコリー!少しは食べたんですけどね。ここまで大きくなると言葉が出ない・・・

 

蜜蜂が忙しく飛び回っていました。畑のあちこちが春のエネルギーで満ち溢れています。

 

今年は畝間に緑肥を蒔いてみる。緑肥が育ったら野菜の敷き草にする。緑肥は自然菜園コンサルタントの竹内孝功氏のHPから購入。藁はミカン畑に敷いても足りないし、夏になると雑草が増えるけど敷き草に適したものを購入してみた。竹内孝功自給自足Life

 

ほんとは、2月に蒔くように書いてあったけど、まあ仕方ない。ちょっと薄く蒔いちゃったかな。蒔いたら足で覆土。

 

今の時期はこれがなきゃダメ、この日は暑くて風も強くて、花粉で鼻水じゅるじゅるよ〜!ポケットティッシュじゃ足りない!もう箱ごとよ!

 

3月17日、去年じゃが芋を植えてあったところにネギを移植する。ネギは土をクリーンにする働きがある。じゃが芋は連作障害が出やすいんだけど、ネギ→じゃが芋→ネギ→じゃが芋と交互に植えると毎年同じ場所で出来るらしい。緑肥を購入した竹内孝功氏のやり方を今年は実践してみる。昨日は寒かったけど動くとちょうどいい。

 

種イモは北あかりと男爵1Kづつ、小さめを買ったので切らずにそのまま植える。イモとイモの間に落ち葉堆肥を投入、これだけでは足りないだろうから追肥もした方がいいだろう。落ち葉堆肥は3月の”伊豆の風”杉本正徳さん主催の自然農法セミナーでいただきました。杉本さん、伊藤さんありがとうございます♪

 

手前がネギ、奥がじゃが芋。今日はここまで、午後からは出来るだけお菓子の仕込みをするのだ。あー!じゃが芋が植え終わったので嬉しいー!

 

山田真子フェイスブック

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/665
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.