2018.05.14 Monday 13:00

第56回静岡県母親大会

NEW ENTRY

サイトマップ

 

静岡県母親大会に参加してきました。主催、静岡県母親大会連絡会。県内で様々なグループに所属する女性達が集まる大会です。もちろん男性もOK。会場は富士宮市民文化会館、「生命を生みだす母親は生命を育て生命を守ることをのぞみます」をスローガンに今年のテーマは「ねがいをつなぎつくろう平和で幸せな明日を」。

 

子育て・教育、くらし、平和と民主主義などたくさんの分科会に分かれて勉強会やシンポジウムが行われました。私は「いのちにつながる食の安全」のシンポジウムに参加し、種子法が廃止されるとどうなるか、遺伝子組み換えのことなどを学びました。

 

種子法が廃止されると種子供給が自由化され、今まで守られていた穀物にも大きな影響を与え、遺伝子組み換え種が入ってくる恐れがあります。遺伝子組み換えでは人間の体にいい食物や虫害や病気にならないなどの研究もされているようですが、人間だけに都合の良いものを作ってよいものでしょうか?それも自然界ではまったく起こらない遺伝子を組み合わせるわけです。非常に不安になりますね。

 

極端な話かもしれませんが、隣の畑で遺伝子組み換えの種の作物が作られると風に乗って交配してしまうのでいつの間にか日本には固定種や在来種がなくなるというわけです。極端の話ではないですね、可能性は大きい、うーん、大変なことだ!

 

午後の記念講演には渡辺治氏の「憲法を語ろういのち輝く未来のために」、文化会館の大ホールには会場を埋め尽くすほどの人が集まりました。日本の憲法は世界に類のないほどすばらしい憲法です。憲法9条があるおかげで外国へ行っても人殺しをしないで済んでいるのです。安倍首相が言っているように憲法を改憲しても1ミリも変わらないのであれば変える必要などないわけです。

 

母親大会は女性、母親が中心に行ってるせいか、いろいろと心配りがされていました。保育所も設置され、合唱団の素晴らしい合唱も聴けましたし、閉会して会場から出るときも順次外に出られるようにアナウンスがあり、待っている間も歌声のグループの唄も聴けてリラックス出来ました。ありがとうございました。お疲れ様でした♪

 

 

富士宮市民文化館に到着、大型バス2台で伊東から2時間くらいかかりました。

 

たくさんある分科会のひとつ「原発と再生エネルギーを考える」

 

憲法の分科会

 

Iさん、へへへ・・・

 

保育室もあるから若いお母さんも安心して参加できます。

 

私が参加した分科会「いのちにつながる食の安全」おお、関心が高いね!

 

パネリストの方々のお話、みんな勉強になりました。特に有機農家の宮田雅和さんの種子法廃止などの話には驚き!

 

一緒に参加した仲間と昼食、お弁当券が配られていたのでスムーズに交換できました。

 

記念講演の前に物産店をのぞいてみることに、人が溢れていました。

 

ふ〜ん・・・

 

富士宮焼きそば!明日のお昼ごはん用に買ってこ。

 

書籍!渡辺先生の本はどこかな?

 

今日の講演の関係の本はこれだそうで、ふむふむ、うちに帰ってじっくり読もう。

 

大ホールには、会場を埋め尽くすほどの人が集まりました。憲法9条改憲を許してはなりません。

 

今日の参加者は1360人、実行委員会の皆様お疲れ様でした。

 

山田真子のフェイスブック

  • comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ 人気ブログランキングへ
    ランキングのご協力お願いしま〜す。ポチっと押してね♪

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.naoshi.main.jp/trackback/677
 
CALENDAR
CATEGORY
COMMENT
本棚
ARCHIVES
LINK
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.